TOP

top.jpg

このサイトでは、「足助町まちづくり委員会」の活動を紹介します。

足助町まちづくり委員会設置要綱」に、「3 まちづくり委員の任期は平成16年12月31日までとする。」とある通り、現時点では「足助町まちづくり委員会」は、その活動を完了しております。(足助町そのものも、平成17年4月からは、市町村合併により、豊田市となります。)

本サイトは、「足助町まちづくり委員会」の活動の記録という位置づけになります。

ページ右側の「MENU」の下にあるタイトルをクリックすると、各ページが表示されます。


「足助町まちづくり委員会」は、「足助町振興計画」策定を目的として、平成15年6月に設置されました。

「足助町振興計画」の最終案を整理する段階となった、「第12回足助町まちづくり委員会」(平成16年3月24日開催)において、これまで、まちづくり委員会で話し合ってきた過程をネット上で公開すると良いのではないかという意見が出ました。

これを受け、平成16年3月25日にこのサイトを立ち上げました。

もう少し詳しい説明が「はじめに(このサイトについて)」にありますので、参照ください。

このサイトに掲載する情報は、事務局やまちづくり委員各位より情報提供の協力をいただきますが、あくまでもサイト管理人の個人的編集によるものですので、「足助町役場」、「足助町まちづくり委員会」の公式見解というわけではありませんので、ご了承ください。


この下には、最新の記事が3つ表示されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あすけ振興計画

7月12日(月)に、事務局の方とともに「足助町まちづくり委員会」正副座長が、足助町役場の町長室に伺い、この1年間検討を進め小冊子としてまとめた「足助町振興計画」を町長さんに手渡しました。

タイトルは「山里あすけに暮らす豊かさを求めて ~あすけ振興計画~」です。

0408061.JPG

0408062.JPG

0408063.JPG

これでとりあえず、当初の目的は達成されたということになりますね。ほっと一息です。

「山里あすけに暮らす豊かさを求めて ~あすけ振興計画~」をPDFファイルとして、公開させていただきます。

○あすけ振興計画のPDFファイル(416KB)
http://machi.way-nifty.com/asuke/img/asukesinko.pdf

※PDFファイルを開くためにはが必要です。

目次は以下の通りです。

第1章 総論               
1 計画の概要
Ⅰ 計画の目的
Ⅱ 計画の特色
2 足助町を取り巻く現状と課題

第2章 基本構想
1 町の将来像
 2 計画の視点
3 施策の大綱(5つの目標)
Ⅰ 美しい山里の自然を守り、活用する
Ⅱ しなやかで力強い足助人を育む
Ⅲ 地域の自治を高めるまちづくり
Ⅳ 足助らしい生業を興す
Ⅴ 山里の豊かな暮らしづくり

第3章 地域が自ら考え取り組んでいくまちづくり
1 美しい山里の自然を守り、活用する
2 しなやかで力強い足助人を育む
3 地域の自治を高めるまちづくり
4 足助らしい生業を興す
5 山里の豊かな暮らしづくり

資料   
 足助町まちづくり委員会活動
☆ 足助町まちづくり委員会委員名簿
☆ 足助町振興計画の策定作業

| | コメント (2) | トラックバック (0)

足助町栃本の「三州蛍を守る会」会長さん

2004年7月4日(日)に、「足助町まちづくり委員会」のメンバーで「町内視察研修会」を行いました。

そのときに足助町栃本で暮らしていらっしゃる「三州蛍を守る会」会長の倉田富夫さん宅を訪問させていただきました。

足助町まちづくり委員会座長さんから、当日の様子をレポートしたメールをいただきましたので、以下に紹介させていただきます。


足助町栃本の「三州蛍を守る会」会長さん

◇ 蛍

11年前(平成6年)に「三州蛍を守る会」を作られる。

当時、冷田地区の水田のある所には数は少ないが源氏蛍がいたそうです。そこで、蛍の餌になるカワニナを放流して、蛍を増やす活動をされています。

◇ 炭焼き

平成14年6月に炭焼き窯「游心窯」を作られました。遊び心で炭を焼く、と言う意味だそうです。

0607051.JPG

0607051-1.JPG

若い頃からBBQなどを楽しんでいらしたそうですが、専門の方に炭を頼んで焼いて貰った所、非常に高く買った方が安い、それならいっそ自分で山の手入れも兼ねて炭を焼いてやろう、と思われたそうです。

0607052.JPG

10年掛けて一人前に炭が焼ける様に成りたいとおっしゃる一方、プロでも30年やっていても良い炭はなかなか焼けないと、職人気質なのか高い目標を持っておられる様です。

また、最近はドラム缶を利用した窯で竹炭も焼かれていて、消臭・除湿効果が高い事から、福祉施設やお寺の縁の下に敷く等の利用に提供されているそうです。

0607053.JPG

0607054.JPG

0607054-1.JPG

竹炭は6〜7時間で焼けるそうですが、竹は虫が入らないように冬場に切って、最低3ヶ月は乾燥が必要だそうです。竹は昔は畑だった所が孟宗竹の薮になってしまった所から切っているそうですが、竹を切る事で地面も柔らかくなったそうです。手を入れてやれば、それだけの答えが返ってくるとおっしゃっていました。

0607055.JPG

◇ 猪

猪の農作物被害を減らす為に、駆除用の檻を設置されています。

0607056.JPG

蛍や炭焼き仲間、地域の方とお祭りの時などに猪鍋を囲んでいらっしゃるそうです。

他にも、桜のライトアップ等、山里の暮らしを豊かに楽しんで生活されている倉田さんの人柄に非常に引かれました。

0607057.JPG

最後に倉田さんの一言を紹介します。

「田舎に住むには、田舎が好きで無くては、、、自分づくりをしなければ、地域づくりは出来ない」

とおっしゃっていました。


役場事務局の方から倉田さんに、この記事の確認依頼をいただいたところ、スピーディーな対応に倉田さんご本人も喜んでくださっていたそうです。

それを聞いた、執筆者の座長さんからは、下記のようなメールが届きました。

>ご本人に喜んで貰えたなら、こちらも嬉しいです。
>
>こんな「まちづくり情報」が沢山集まって、地域別&ジャンル別に検索が出来て、
>「新盛講」「スローフード塾」「きこり塾」の様にアチコチで活動が盛り上がり、
>横の情報がつながれば「まちづくり委員会」の意義が出来ると思います。

ほんと、そうですね。
これからもこういう情報を増やしていきたいですね。

倉田さんは、豊田消防署に勤務する一方、余暇を利用して自然の魅力を積極的に取り入れ、山里の暮らしをエンジョイしていらっしゃいます。

上の写真にもありますが、倉田さん手づくりの東屋には、いつも多くの人々が集まり、笑い声が絶えないそうです。 

倉田さんからは「炭焼き体験などを希望される方は、是非お越しください」と嬉しいメッセージをいただいていますよ。

興味をお持ちの方は、まずは管理人までメール連絡(右上の「メール送信」をクリック)ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

H16第1回委員会:管理人レポート

2004年6月3日(木)に「平成16年度第1回足助町まちづくり委員会」が足助町役場で開催されましたので、出席してきました。

今回の委員会の内容は、以下のようなものでした。

(1)足助町振興計画の最終まとめ

 ・委員会で出た細かい修正点を事務局で反映していただき、
  町長さんに提出することになりました。

 ・豊田市との合併が迫ってきましたが、
  別に陰の計画という位置付けにする必要はないだろう
  ということで、「足助シャドウプラン」という
  サブタイトルは削除することになりました。

(2)今後の進め方について

 ・もともと振興計画策定を目的につくられた組織ですので、
  それ以上の活動については、
  なかなか方針がまとまりませんでした。
  まずは、これまで振興計画策定の話し合いを進めてきた班別に
  分かれて話し合ってみようということになりました。

(3)町内視察研修について

 ・昨年度から計画されていましたが、
  なかなかスケジュールが合わず、先送り状態になっていました。
  今回なんとか合意が得られ、
  7月4日(日)に実施することになりました。
  まちづくりに関係する町内の各所を巡回見学する予定です。

あと、私のほうから、簡単な資料を配布して、「足助町まちづくり委員会のホームページをとりあえず形だけ作ってみました。」という説明をさせていただきました。

このホームページについて、委員会の場や、その後のメールで、「すごいですね!」と嬉しいコメントをいただきました。

実はちっともすごくなんかないんですけどね。
ホームページと言っても、ウェブログサービスを利用したものですので、掲示板に書き込む感覚で、誰でも簡単に作れちゃうんですけどね。

それにまだ、たいした情報は掲載できてないですし...

何度かそういう話をしてみたのですが、うまく伝えられてない気がします。


今のところ、町内の視察研修は、下記のような予定になっています。

足助町役場→百年草→椿立さとやま→綾度(平勝寺)→川面

 →いこいの村愛知→川面中郷(小径木加工場・水耕ハウス)

 →大鷲院→風天洞→三ツ足町有林(三ツ足栗園)

 →追分→下国谷芋堀り園→丸八養魚場(蛍の館)→戸中

 →奥香嵐渓(水戸)→足助町役場(まちづくり委員会)

いろいろあるんですねぇ!

行ったことのあるところもありますが、私自身の予習のためにも、関連ホームページを探してみました。

○百年草
http://www.hyakunensou.com/
足助町の福祉センター
ホテル、レストラン、ハム工房、パン工房を運営

○あすけ里山ユースホステル
http://www.ne.jp/asahi/asuke/satoyamayh/
木造の椿立小学校跡を改装したユースホステル

○足助の東部 平勝寺(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/syuuhen/east.html
境内で綾渡の夜念仏と盆踊りが行われます。

○足助の北部 風天洞 大鷲院(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/syuuhen/noth.html

○香嵐渓グリーンファーム三ツ足栗園(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/greenfarm/kurienn.htm
広大な栗園

○いもほり(足助町観光協会)
http://www.mirai.ne.jp/~asuke/Event/imo/kuniyaimo.htm
下国谷地域営農組合が運営しているいもほり園
うちの小学校区内にあります。

○料理民宿 まる八
http://www.maruhati.gr.jp/
ホタルウォッチング、チョウザメ料理が有名です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«正副座長打ち合わせ:管理人レポート